外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

塗装業者の選び方!大手?地元?【失敗しないためのポイントとは】

住宅の外壁塗装は10年毎、屋根塗装は8年毎に行う事で外壁や屋根の耐久性を向上させることが出来るため、外壁や屋根が住宅を守る事が可能になります。

外壁や屋根は日々太陽の紫外線、雨、熱、風と言った自然に猛威に晒されているため劣化が生じる部分でもあり、こうした劣化をそのままにしておくと、湿気が建物内部に入り込んでしまいカビの発生に繋がる事も在りますし、ひび割れている部分からは雨が入り込んでしまい、雨漏りとなり建材を腐食させると言ったトラブルが起きやすくなります。

費用面において、失敗しない塗装業者の選び方について

塗装業者の選び方を間違えると、こんなはずでは無かったといった具合に後悔する事があります。
例えば、見積もりを依頼したのが1社だけなので、近所で塗装を行った人の話を聞いた時に、費用が高額だったというケースです。

本来ならばもっと安い金額で塗装リフォームが出来たけれども見積もりを1社のみにしてしまい、費用比較をしないために費用面においての後悔をしてしまうというケースです。
費用面において失敗しないためには、数社に見積もりを依頼する事が大切です。

提案力において、失敗しない塗装業者の選び方について

265955
塗装リフォームを行う場合、予算に応じた塗料を選ぶと同時に、塗料の色を選ぶことが大切です。
外壁塗装などの場合、一度塗装を行うと塗装した色の家に住み続ける事になるため、誰もが慎重に色を選ぶことになります。

最近はツートンカラーや数色の塗料を使って外壁塗装を行う人が多くなっていますが、依頼者は初めてと言う事もあり、親身になって相談に応じてくれる業者を選ぶことが大切です。
色の組み合わせ次第では、見栄えが大きく変わりますし、気に入った色が見つかった場合試し塗りをしてくれる塗装業者を選べば、塗装した後にイメージとは違っていたと言う事が起こり難くなります。

下地調整をきちんと行ってくれる業者を選ぶことが大切

外壁や屋根の塗装リフォームは、ペンキを使って塗り替えるだけではなく、塗装面を綺麗にするという下地調整が大切です。

塗料は3~4度の重ね塗りをすることになりますが、塗料に含まれている樹脂成分が塗膜というコーティングを表面に作り出し、雨を弾き飛ばすといった耐久性を得ることが出来るようになります。
また、下地調整をきちんと行う事で塗膜は剥がれる事なく、外壁や屋根に形成される事になるため、塗料の耐用年数の中での耐久性を得られる可能性が高くなります。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。