外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁塗装で失敗しないために!【業者選びから失敗例までご紹介】

住宅などの建物は新築して十年以上が経過すると、あちこちが傷んできてリフォームが必要になってきます。特に常に風雨に曝されたり紫外線に曝される、外壁塗装の劣化や傷みは著しいものがあります。

そこで外壁塗装をする場合に、失敗しないためにはどの様な事に注意すべきでしょうか。

外装塗装の業者選び 失敗例

まず塗装業者の選定が重要になってきます。
特に注意すべき業者は飛び込み営業で来て、この建物の場所が良く広告効果があるので料金を割り引くので施工させて下さいなどと言う業者です。

うっかり契約でもしようものならすぐに高圧水洗浄を行い、その後しばらくの期間はほおっておく例もあるようです。またひどい業者になると工事の途中で、あそこも悪いしここも悪いので追加で塗装をしたほうが良いと工事金額を釣り上げにかかる様な業者です。

外装塗装の業者選び 失敗しないためには

61

そこで外壁塗装を失敗しないためにどの様な業者にお願いすると良いでしょうか。
まず施工実績が豊富で、塗装工事について知識が豊富な業者です。

ネット検索などでホームページを検索すると、数多くの塗装業者のホームページが出てきます。それらに施工実績や工事の内容などを紹介していると思います。

施工事例などでは施工手順を丁寧に写真付きなどで紹介している業者は、実際の施工についても良心的に行う業者が多いようです。

また逆に外壁塗装での失敗事例なども紹介して、この様な工事施工には注意するように訴えている業者も信頼に値するようです。

信頼できる業者とは

塗装工事ほど誤魔化しや手抜きの出来る工事はないのです。
材料などは外壁の1平方メートル当たり何缶使用するか等の規定がありますが、悪質な業者になると薄め液で引き延ばして、既定の厚みより薄く塗装する場合もあるのです。

また塗装の工法や塗回数も仕様書で決められていますが、施工方法も守らずに塗回数も少なくしたりして誤魔化してしまうのです。

外壁塗装などの塗装工事は塗装材料に付いている仕様書を守り、施工方法や塗回数などを守って施工をしないと、仕様書通りの効果を発揮できないので注意しなくてはなりません。
手抜き工事でもされると10年は大丈夫だと安心していると、4~5年もすると劣化したり割れたりしてダメになる場合があるので注意しましょう。

見積り内訳を細かく出してくれたり、見積書に塗装の仕様書などを添付してくれるような業者なら信頼できます。何よりも施工前に丁寧に見積書や施工手順などを説明して、近隣にも挨拶してくれるような業者なら信頼できるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。