外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁塗装のメーカーについて【種類や価格、選び方のコツとは】

外壁塗装のメーカーには大手リフォーム業者、地元業者、工務店、塗装専門業者があります。適切な業者を選ぶ必要がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

価格面でも個々に違いがあるため、最終的には見積もりを取ることが必要です。

個々の特徴を理解して比較して選ぶようにしましょう。

四種類あるメーカーの種類と特徴

外壁塗装を業者に依頼しようと考えると、大別すると四種類の依頼先があります。大手リフォーム業者、地元業者、工務店、塗装専門業者がその候補です。

大手リフォーム業者を利用すると施工事例が多くて安心して依頼でき、トラブル対応や保証内容が充実しているでしょう。

それに対して地元業者の場合には身近な印象があってわがままを伝えやすく、柔軟な対応を期待することができます。

一方、工務店に依頼すると保証が充実しているのに加えて施工技術の高さに信頼をおけるのがメリットです。また、施工技術の高さや専門性の高さにおいて比類ないのが塗装専門業者となるでしょう。

しかし、塗装専門業者の場合には塗装以外のリフォームを依頼しようとすると対応できないというデメリットがある点は注意が必要です。

費用面での比較

65

外壁塗装を依頼する場合には費用面で長けている業者を選びたくなります。大手リフォーム業者の場合には下請け業者に施工を依頼する場合が多く、保証のために費用を上乗せしている場合もあって高くなりがちです。

それに対して地元業者の場合には費用が安くなりやすいでしょう。工務店の場合にはリフォームが専門ではないため、費用は高くなる傾向があります。質を取るか費用を取るかで選択するかどうかを判断する必要があるのです。

一方、塗装専門業者は価格差が激しいものの、塗装を専門としていることから全体的に見ると外壁塗装自体の費用は安くなります。しかし、足場費用が高くなる場合もあるので注意が必要です。

メーカー選びのコツ

メーカー選びの際には費用対効果を考えて選ぶことと、信頼性の確保を重視する視点が大切になります。大手リフォーム業者や工務店の場合には信頼性では問題がないため、信頼性重視で選ぶのに適しているでしょう。

信頼性の面でよく吟味が必要なのが地元業者や塗装専門業者であり、悪徳業者ではないことをよく確認して依頼できればより高い費用対効果を期待できます。費用対効果と信頼性のどちらを優先するかでメーカーを選ぶのが外壁塗装で失敗しないためのコツです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。