外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁塗装のクラックの種類と原因、補修方法

外壁塗装では下地の処理が大切です。下地が完全な状態にないと、塗料が付着しません。

外壁が木造下地のモルタル塗りである場合とコンクリートである場合、クラックと呼ばれるひび割れが発生することがあります。
クラックの種類と原因を知り適切な補修を行うことは、外壁塗装を行う上で必要なことです。

外壁塗装における下地の重要性

外壁塗装では、塗料の種類や色選びに関心が向きがちですが、下地の重要性を忘れるわけにはいきません。どんなに品質の良い塗料でも、下地が悪いと完全には付着しません。

下地に不具合がある場合は、すぐに表面にその不具合が表れるわけではありません。
少し時間を経てから、一気に塗装が剥がれ落ちることがあります。

塗料そのものにお金をかけるよりも前に、下地の処理にお金をかけることで、塗装そのものを良いものとすることができます。
下地にひび割れがあると、塗料が中に浸み込んでしまし、穴が開くことさえあります。

下地表面のひび割れは、外壁を塗りかえる前に補修が必要です。

クラックの種類と原因

PAK85_hibinohaittakonkuri1313_TP_V

外壁塗装でクラックが問題となるのは、外壁が木造下地のモルタル塗りである場合と、コンクリートである場合です。
どちらもセメントを使った材料なので、同じ性質を持っています。セメントを使った材料は、その性質から必然的にひび割れを生じます。

セメントは水と化学反応することで硬化します。その時収縮し、ひび割れが生じます。この現象は、モルタル塗りやコンクリートの外壁では必然的に発生します。
収縮によって発生するひび割れを「乾燥クラック」と呼び、一定量のひび割れの後、それ以上広がることはありません。

一方、深く大きなひび割れを「構造クラック」と呼びます。大きな地震の後に発生することがあります。
また、稀に施工不良などの欠陥工事により発生することもあり、専門的な調査が必要です。

適切な補修方法

ひび割れは、塗装前に適切な補修を行う必要があります。

大きなひび割れの場合は、パテやシーリング材でひび割れ部分を埋める必要があり、そのために目地を切る場合もあります。
小さなひび割れの場合は、フィラーを塗布し、凹凸の処理の後に塗料を塗布します。

ひび割れは、セメント系の材料を湿式で施工した場合は必ず発生するものです。
前もって目地を切っておき、ひび割れの発生を抑えることも可能です。

モルタル壁の場合は、壁の一つの面の大きさを抑える目的で、デザインも兼ねて見切り金物を設置する方法がよく用いられます。
コンクリート壁の場合は、一定の間隔で目地が切られるのが一般的です。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。