外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

汚れが目立たない外壁塗装をしたいならクリーム色がおすすめ

外壁塗装を行う目的は、自然の猛威により耐久性がなくなった外壁に耐久性を持たせるためです。
しかし、耐久性を高めると同時に考えなければならない事は、「何色で塗装を行うのか」という事です。

外壁塗装に使う塗料にはグレードがあると同時に、それぞれのグレード塗料には多種多彩な色が用意されています。
塗装を行えば、各グレードの耐用年数の中で塗装色の家に住み続ける事になるため、簡単に決められないと言う人は多いのではないでしょうか。

外壁塗装を行う時に白を使いたい

外壁塗装の色には白色が良いと考える人は多いのです。
白一色の外壁を持つ住宅はヨーロッパ調の洋風の家になりますし、白い家に住むのが憧れと言う人も少なくありません。

しかし、白と言う色は汚れが目立ちやすいため、白にしたいけれど汚くなるので他の色を使用、出来れば白に近い色が良いと考える人も少なくありません。

因みに、最近は光触媒塗料と言ったセルフクリーニング機能を持つ塗料も登場しているので、従来と比べると汚れは目立ち難くなっていますが、それでも白い色の塗料を使った場合は、他の色よりも汚れが生じやすくなってしまいます。

外壁塗装でお勧めになる色の一つがクリーム色

658116

白と比べると汚れが目立ち難く、しかも白に近い色と言う事からも、クリーム色を選ぶ人も多くなっています。

因みに、汚れが最も目立ち難い色は何色かご存知でしょうか。
白い外壁に付着する汚れは灰色のようなものであり、外壁にグレーを基調とした色を使う事で汚れが目立ち難くなり、耐用年数が10年の外壁用塗料の場合、耐用年数の中での汚れは少なくなります。

グレーとクリーム色を比較した場合、汚れが目立ちやすいのはクリーム色ですが、温もりのある色合いである事からも人気があるのです。

同じ色名でも塗料メーカーにより明るさは変わる

クリーム色と言っても幾つかの種類がありますし、塗料メーカーによっても明るさが異なるので、外壁塗装を行ってもらう塗装会社が持って来た「カラーサンプル」を使って比較をしておきましょう。

尚、色を決める場合には、塗装を行う外壁にカラーサンプルを押し当てて、それぞれの色の印象を比較するのがお勧めです。

太陽の下でカラーサンプルを見ると、選んだ色が適正なものなのか、明るすぎないか、それとも暗くならないかと言った判断が出来ます。
蛍光灯の下でカラーサンプルを見ると、実際に塗装を行った時に、思っていた色とニュアンスが違うと言う事が起こりやすいので太陽の下で選びましょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。