外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

屋根塗装の見積り、これって高いの?【相場とは?】

大切な家族や家具など、楽しい生活を守る役割がある屋根は、年中太陽の強烈な紫外線や雨、風などにあたり、快適な温度を保ってくれる大事な存在です。
普段はほとんど見ることがなく、傷み具合もわからないという人が多い部分でもありますが、家の寿命を延ばすためには、定期的な屋根塗装が必要です。

屋根を放っておくとどうなるのか

屋根の塗装がはがれてきたり、ひび割れが生じたりすると、そこから雨水などの水分が入り込み、さらにはがれたり、ひび割れたりする傷みを加速させてしまいます。
塗装が傷んでくるころには屋根材自体も浸食されていることが多く、放っておくと屋根裏に水分が侵入して、屋根だけでなく家の構造体にもダメージを与える事になります。

雨漏りがしてきたときには、すでに屋根や部屋の天井だけでなく、壁の内側や基礎の部分にも水分が侵入している可能性が高く、家を解体して修繕するなど高額な費用が掛かる状態になっていることが多くなります。

屋根塗装が必要な時期

イラスト縦
家の上でかさのように家を守ってくれている屋根は、家の寿命に深くかかわりがあり、屋根自体が雨や風、紫外線から守られるように屋根塗装を定期的に行うことで、家全体を守り、家の寿命を延ばすことにつながります。

塗料の種類によるので一概には言えないのですが、約10年に一度の頻度で屋根塗装をすることがおすすめです。
新築後、10年を目安に一度塗り替えを行い、その後は塗料の耐用年数に合わせて塗り替えを定期的に行うとよいでしょう。

定期的に塗り替えることで、屋根自体の耐久性をアップさせることができるとともに、小さな傷みを早く見つけて修繕することにもつながります。

屋根塗装の見積もりと相場

屋根塗装を行うときには、安い金額ではないのでできるだけ安い業者に頼みたいものですが、見積もりをとっても料金が安いのか高いのかわからないことがあります。
はじめて屋根塗装をする人は、はじめにいくつかの業者に見積もりを依頼して、施工内容と料金を出してもらうことで、相場が分かり、高い業者と安い業者を見分けることができるようになります。

見積もりは3~5社程度取ることがおすすめで、口コミやランキングを参考にして、評判が良く値段が安い業者を選んで、見積もりを依頼するとよいでしょう。
同じ条件で比べることが大切なので、見積もりを依頼するときには同じ条件の塗り替えを入れることが重要なポイントになります。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。