外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

屋根の修理にかかる費用とは?【内容や相場について】

屋根の修理をしなければならないときに、どのような工事が必要になっていくらかかるのかは把握しておきたい内容です。
屋根の種類や状態によって必要な工事にも違いがあり、それぞれの相場も異なります。

いくつかの代表例を知っておき、実際にかかる費用の目安として覚えておくと、業者への依頼を決断しやすくなるでしょう。

一般的に行われる塗装工事

屋根の修理が必要になった場合に、最もよく行われるのが塗装工事です。

塗装が劣化して剥がれてしまったり、亀裂が走ってしまったりして、そこから雨漏りが生じることはよくあります。その場合には一度劣化した塗装を剥がして、新たに均一な塗装を行うことで修理ができるでしょう。
長い間放置を続けてしまうと、内部にまで劣化が進んでしまってさらに別の工事が必要になりますが、早い段階で発見できれば塗装工事だけで済む可能性が高くなります。

費用は使用する塗料や施工面積によっても大きく異なりますが、足場料金なども含めて70万円から120万円程度になるのが通常です。
合わせて外壁などの周辺の塗装も行うこともありますが、そのときには200万円程度かかる場合もあります。

塗装以外でよく行われる工事

449360cfabaa_s
塗装工事が最もよく行われる屋根修理の工事ですが、それ以外にも屋根そのものに手を加える工事がよく行われます。
葺き替えは代表的なものであり、広さに応じて80万円から200万円程度を見積もっておくと良いでしょう。

部分的な交換や補修を行う工事もしばしば行われる工事です。
スレートの交換や補修には一枚あたり1万円から2万円、棟板金の交換には50万円から100万円程度がかかると考えておくと無難です。

細かな修理になるほど業者間での価格差が大きくなるため、塗装以外の工事が必要になる際には業者間で内容と費用の比較を怠らないようにしましょう。

瓦屋根の場合の注意点

最近では瓦屋根の家が減ってきたこともあり、瓦を使用している際には施工業者選びにも注意が必要です。
瓦の交換には1枚あたり1万円から3万円程度が相場ですが、慣れていない業者に選ぶとすぐに剥がれてしまうという問題が生じやすいのです。

また、瓦の塗装や交換を行った際には漆喰の塗装も必要になります。その費用も50万円から150万円程度はかかるため、合わせて用意しなければなりません。
瓦屋根の場合には、修理を行う際に業者選びと費用の二つについて、他の場合よりも考えなければならない点が多いのです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。