外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁塗装をする年数の目安とは【耐用年数や塗装を必要とする目安について】

毎日暮らしている家の壁は、日ごろ意識することはあまりないかもしれませんが、家自体を守り、家族を守る大切な役目を果たしています。家の壁は、毎日ほこりや紫外線、雨や風、温度差などにさらされ家を守っているのです。

外壁塗装の耐用年数について

傷みが大きく目に見えてわかる場合以外は、外壁塗装の必要性を感じにくいかもしれませんが、約10年に一度の塗り替えをすることで家を長持ちさせることができると言われています。

塗料の種類によって、耐用年数は、5年から20年ほどと幅が広いので、一概には言えないのですが、多くの場合、10年を目安に、定期的に塗り替えをすることで、家の寿命を延ばすことができると言われています。

外壁に大きな傷みを発見できずそのまま外壁塗装をせずに年数が経過すると、目に見えないほど細かいひび割れや塗料自体の劣化が進み、雨などの水分が建物の内部に侵入していきます。

外壁塗装で守り切れずしみ込んでしまった水分は、どんどん建物を劣化させ、さらに深くまで水分が入り込む状態になっていき、劣化が進行してしまうのです。

外壁塗装を必要とする目安

63

少しでも早い傷みの発見と修繕が家を長持ちさせるために必要なのですが、自分で壁の内部や構造内部の傷みや劣化を発見することは大変難しく、まだ大丈夫と思っている間に傷みや劣化が進行してしまい、どうしようもない状態になって外壁塗装をすると決めたときには、手遅れで、壁や構造の修繕に大きな費用が掛かってしまうことになるのです。

外壁は、常に過酷な自然環境にさらされ、大気汚染の影響も受けています。
大切なことは、壁の一番外側にある外壁塗装で家を劣化から守るということで、しっかり一定の年数ごとに塗装をしている家と放置している家では、建物の寿命が3倍違うともいわれています。

外壁塗装の重要性

つまり、外壁塗装で外壁の傷みを補修することで劣化を防ぐことができるため、雨水などが外壁や建物内部に侵入することを防ぎ、家を長持ちさせることができるので、塗装にお金がかかるかもしれませんが、トータル費用を安く抑えることができる、という訳です。

新築の方は、新築から10年を目安に外壁塗装を行い、その後は、塗り替えた塗料の耐用年数に応じて、定期的に塗り替えることが家をきれいに保つための秘訣です。

よりパーフェクトに家を守りたいという方は、7年を経過した段階で、一度、無料点検を受けて、ひびや塗料劣化をしている個所がないかどうかを確認して、塗り替えの年数を調整すると良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。