外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

トタン屋根の塗装について【必要性や耐用年数はどのくらい?】

トタン屋根の住宅の場合でも劣化を引き起こしてしまうので、定期的に塗装を施すことが大切です。
家の寿命に大きく影響される部分になるので、塗り替えリフォームに関しては耐用年数を把握した上で、良いタイミングで施工を依頼することがおすすめです。

雨漏りの原因になってしまう前に対処することが求められており、適切な方法で対応することで住宅を守ることができます。

トタン屋根の特徴や耐久性について

トタン屋根は以前は多くの住宅に使われてきた素材であり、金属製の屋根としては最も基本的な素材です。
金属に焼き付け塗装を行う方法で、腐食してしまうことを防いでいるものですが、長期間にわたって使っている場合では、表面の塗膜がはがれてしまったり、穴が開いてしまうこともあるので必要に応じてチェックをした上で、メンテナンスを実施することが良い方法です。

トタン屋根は耐久性が約15年とも言われていて、施工価格が比較的安く済ませることができるので、現在での住宅でも使われている素材になります。
ですが耐久性に関しては日頃のメンテナンスによって変わることになるので、やはり小まめな対応が望ましいことになります。

トタン屋根を塗り替える必要性について

493eed297b2_s
トタン屋根の場合では、一定期間を使っていると、どうしても表面の塗膜が劣化してしまいます。

そのまま放置してしまった場合では、後に塗膜がはがれ落ち、下地が見えてしまう状態になってしまうことがあります。
この状態では腐食の原因につながってしまうことになり、滑りも悪くなってしまうので、雨降りなどの日には雨漏りの原因になる可能性が高くなります。

また、継ぎ目部分に対してはシーリング処理をしている場合も見られますが、同じようにシーリングが劣化してしまった場合では、屋根自体の耐久性を著しく悪化させてしまうので、定期的に塗り替えを実施して、健全な状態に保つことが大切なことです。

塗装を行う際に耐用年数を意識すること

トタン屋根の塗装を行う場合では、対応している専門業者に仕事を依頼される方が多いものですが、その際には用いる塗料によって耐用年数が大きく変わってくるので、事前にある程度を把握した上で施工を行うことがおすすめです。

基本となるウレタン塗料の場合では、5年から7年の耐用年数になり、シリコン塗料の場合では7年から10年程度になります。フッ素塗料の場合では10年から15年とも言われており、ランクが上がるに連れて施工価格も高くなる傾向にあります。

次の塗り替えのタイミングなどを計算した上で、使う塗料を決めることもおすすめの方法になり、コストだけではなく必ず耐用年数を頭に入れて考えることが必要です。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。