外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

雨戸の塗装は必要?

窓の外側に付けられる雨戸は、屋外のダメージを一手に引き受けるので、住宅の中でも特に傷みが早い部分と考えられます。
傷みが生じている場合は、放置すると劣化が進み、思ったよりも早く寿命を迎えてしまう可能性が高まります。

アルミタイプであれば、酸化皮膜や薄い塗装によってダメージの発生が抑えられています。
しかし一度傷が付いてしまうと、そこから内部に劣化が広がるので、傷みには早期の対応が必要です。

雨戸は塗装すると長持ちするようになります

アルミやスチールに関わらず、どちらも表面に塗装を施せば、大幅に寿命を延ばすことが出来ます。
勿論、新品時に塗装は必要ありませんが、屋外の住宅設備は時間と共に確実に劣化し始めるので、早めに対処するのが重要なのも事実です。

これは外壁塗装にも当てはまりますから、新築から2~3年は問題がなくても、今後を考えるなら、雨戸と一緒に塗装を検討することがおすすめです。

外壁塗装の際は雨戸の検討もおすすめします

129767

外壁塗装を依頼する時は、ついでに窓周りも見てもらったり、必要に応じて塗装を検討すると良いでしょう。
総合的なリフォーム業者、あるいは外壁塗装に加えて窓周りにも強い業者であれば、安心して相談出来る相手になります。

住宅において劣化が一番早く発生するのは、屋外に面している外壁と窓関連の設備です。
外壁塗装は、複数の原因の相乗効果を受けて、白っぽく粉を吹いたり、色合いが退色する現象が発生します。

一方の雨戸は金属製が主流ですから、腐食すると錆が進行しますし、劣化が酷い場合は穴が空くこともあります。
いずれにしても、劣化の放置は住宅の価値を下げたり、見た目的にも良くないので、外壁塗装のタイミングに合わせて窓のリフレッシュも検討すると効果的です。

外壁塗装と合わせてリフレッシュ出来ます

住宅に住み慣れると、やがて壁紙や床、水回りといった部分が気になり始めるものです。
ただ、内装に傷みが生じる頃には外壁も同時に劣化が進んでいますから、住宅設備が気になるタイミングを見計らって、外壁塗装を検討することが大切です。

外壁のリフレッシュを行えば、向こう10年は安心して暮らせますし、暫くの間は塗装に悩みを持つ必要がなくなります。
同じく、雨戸も塗装次第で長持ちしますから、状態や今後の寿命を確認してもらい、予算と相談して塗装を考えると安心です。

傷や腐食が少なく、雨があまり当たらない場所なら、今後も数年間はそのまま使い続けても大丈夫でしょう。
逆に、本来の役割を果たし傷付いている時は、機能の維持と効果を持続する意味で、塗装が価値のある選択肢となります。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。