外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁塗装の契約で注意したいポイント

戸建て住宅に住んでいると、10年に1度程度の外壁塗装リフォームが必要になります。

中には、外壁塗装のリフォームは必要ないのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、住宅にとって、絶対に欠かすことができないものといえます。

外壁塗装の必要性

屋根や外壁というのは、毎日紫外線を浴びて雨風にさらされている部分です。そのため、目に見えて被害がなくても、徐々に劣化しています。
たとえリフォームの兆候がでていなくても、およそ10年で防水機能も低下し、細かなひび割れなどもでてきていますから、リフォームが必要となります。

特に雨漏りがある場合には末期の症状と考えた方がよいですから、その前にメンテナンスを行うことが、家を長持ちさせるのには重要です。

外壁や屋根塗装の一番の目的は防水

3b53a857d125203bdf17e3953d9934be_s

外壁のリフォームを行うもっとも重要な目的は「防水」です。
数年経つと、外壁の色があせたり汚れが目立ってきますが、美観以上に重要なことは防水の機能を保つことです。

なぜそこまで防水にこだわるのかというと、水は、木材や鉄筋などの家造りに使われているものすべてを劣化させてしまうからです。
特に日本のような高温多湿な気候では、カビなどの原因にもなりますから、防水機能は大切といえます。

信頼できる業者に依頼する

これから外壁塗装のリフォームを検討している人もいるかもしれませんが、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

多くの場合、外壁塗装に関しても専門知識を持っていないと思いますが、突然家を訪問し「モニター価格で今なら外壁塗装が半額」などと言われて契約書にサインをしてしまったという人も少なくありません。
ただ、こういった通常価格からの大幅な値引きをする業者は注意が必要です。

一般的に外壁塗装の費用には、足場代や人件費、材料費などが必要となり、最低限必要な金額が決まっています。
ですがこういったモニター商法といわれる業者の場合、通常の半額などという、通常ではあり得ない値引きを提示してきますが、そもそも通常価格が相場よりも高く設定されていますから、半額となっても相場以上の価格ということが少なくありません。

また、今なら足場代をただにするなどと言ってきますが、足場を買い取っている場合には、その購入費用や保管場所などの経費がかかりますし、レンタルしている場合にも、レンタル料がかかりますから、この足場代がただということは考えられません。

それを知らず、半額だからと言う理由だけで契約書にサインをしてしまうとトラブルの原因となってしまいます。
そのため、契約書にサインをする前に、複数の業者に見積もりを取ることが大事です。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。