外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁塗装前の高圧洗浄の必要性とは

住宅の外壁リフォームの一つに、塗装リフォームがありますよね。
一般的に「10年に一度の塗り替えを行っておくと家を守れる」と言われていますが、塗りかえる事で家を守れる理由が解らないと言う人も多いのではないでしょうか。

外壁は日々、太陽の紫外線や雨風に晒されている場所ですよね。
これは自然の力によるものであり、どんなに優れた材料を使っていても、自然の猛威により経年劣化を引き起こしてしまうのです。

そこで外壁塗装という塗り替えリフォームを行うと、外壁の耐久性は新築の時と同じ状態に戻るので家を守れるという事に繋がるのです。
但し、単に塗りかえれば良いと言うわけではなく、高圧洗浄を行ったり損傷している部分を補修するなどの下地調整が大切となります。

見積もりは数社に依頼しよう

塗装リフォームを行う時は、業者間の価格差や対応を比較しておかなければなりません。
その理由は、塗装業者により料金に違いがあったり、中には悪質な業者が存在しているからです。

塗装にかかる料金は見積書を見る事で解りますが、見積書を見た時に出来る限り細かく記載されている、見積もりの内容について依頼者に解り易く説明をしてくれる、こちらの要望や相談に対して親身になってくれる塗装業者を選ぶのが安心です。

見積もり内容について明確に伝えてくれない業者は、塗装の段階でも手抜きをする恐れがあるので注意が必要です。
依頼する側は素人なので、適当な事を言えば良いという悪質な業者に依頼しないようにしましょう。

外壁塗装の手順はどうやるの?

18687d62a5f5af495c48bba500fb4c8d_s

塗装リフォームは高所作業になるため、住宅の周囲に足場を組み立てます。そうすることによって安全な状態で作業を行えるようにします。
塗料はスプレーなどを使って塗装を行う事もありますし、高圧洗浄を行って外壁表面の汚れを綺麗に落とす時など、周辺の家に飛び散る可能性があるので養生を張ります

その次に行うのが外壁のメンテナンスなどになりますが、高圧洗浄を行うと汚れで見えなかったダメージを見つける事が出来るなどのメリットもあり、塗装面を綺麗に仕上げる下地調整を行います。

後は、窓ガラスなど塗料が付着しないようにビニールシートを使ってマスキングを行います
そしていよいよ塗装という事になります。

下地調整は外壁塗装の品質を左右する

外壁塗装の中でも重要な工程は下地調整です。
下地調整とは、高圧洗浄を行って外壁表面を綺麗にする、ひび割れている部分はコーキングを打ち直すなどしてメンテナンスを行う作業です。

下地を綺麗に作り上げた上で1回目の下塗り塗装を行うと、下塗り塗料が下地と2回目の塗料の接着剤となり、塗膜をしっかりと外壁に付けてくれます。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。