外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁塗装のペットへの影響

外壁塗装はペットの健康に影響を与えることがあるので、事前に確認する必要があります。
外壁塗装の種類によっては、塗装中でも室内で安全に過ごせますし、ペットも安心して過ごすことが出来ます。

しかし、外壁塗装が揮発性で、健康を害する成分を含む場合は、ペットを守る配慮が求められます。
外壁塗装を行う時は、塗料の種類に目を向けて、人や動物にとって安全かをまずはチェックすることが肝心です。

外壁塗装の塗料には複数の種類があります

多くの外壁塗装用塗料は揮発成分を含んでいるので、時間と共に外壁から化学物質が発生します。
ただ、塗装業者は安全性を重視して、人が吸い込んでも大丈夫な比較的安全性の高い塗料を選ぶ傾向を持ちます。

一方、無溶剤タイプは揮発する溶剤を使いませんから、臭いや健康被害のリスク自体がありません。
コストより安全性を重視する場合は、溶剤を使っていないか、安全度の高い溶剤を含む塗料を取り扱う業者を選択することが重要です。

外壁塗装によってはペットに影響が発生します

7a269b807d70df6183174f3313868002_s

外壁は建物の外側に位置するので、一見すると塗料の影響は発生しないと考えがちです。
実際の所は、塗料から揮発した成分が風に乗り、吸気口や窓の隙間を経て、室内に幾らかの成分が侵入します。

臭いや化学物質に敏感な人、あるいはデリケートなペットは、僅かな成分でも気分を害する可能性が高まります。

塗装業者は、国が定める安全性の基準に則って、化学物質が発生するとしても基準値以下に収める努力を行うものです。
ところが値が基準内であっても、吸い込んだ人が気分を悪くしたり、動物の体調が悪化することはあり得ます。

ペットにとって安全か確認することが大切です

人に対し、動物は言葉を話せませんから、仕草や行動を見て体調を察することが欠かせません。
言葉が話せない動物にとって、頼れるのは普段から関わっている飼い主なので、外壁塗装を行う際は健康に問題がないか見守ることがおすすめです。
最も良いのは、施工中は施工場所から離れたり、影響がない場所で過ごすことです。

反対に、外出することが難しく、室内で過ごす必要性が高い時は、安全性を優先して、塗料の種類を選定する準備の段階が不可欠です。
塗料は無溶剤タイプ、または水性塗料を選ぶことで、生き物に対する影響を最小限に出来ます。
従来の溶剤を含む塗料は、低濃度タイプを選択すると安全性を高めることが可能となるので、溶剤の種類をヒントに業者を選択することがポイントです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。