外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁にひび割れを発見!【補修する目安や費用について】

大切な家族と一緒に暮らしているマイホームにひび割れを発見したら、すぐに直した方が良いのか、もう少したってからでもよいのか、お金がかかるだけに迷うことがあると思いますが、家の外壁は、家を丸ごと守るシールドのようなものなので、ひび割れや劣化を発見したらすぐに直すことがおすすめです。

 

外壁が劣化するとどうなるのか

家は、毎日太陽の紫外線や風雨、温度差など過酷な環境の中にあるので、思っている以上に負担がかかっています。自然環境だけではなく、ほこりや大気汚染による化学物質の影響も受けやすく、日々少しずつ劣化が進んでいると言っても良いほど、過酷な環境から家を守っているのです。

外壁が劣化すると、ひび割れや劣化した塗料の隙間などから、大気中の化学物質を含んだ水分が内側に侵入していきます。

はじめは壁の塗料を劣化させるだけですが、だんだんと壁の内部や壁の内側へと傷みが進行し、水分が入りやすい状態が加速していきます。

内部に入り込んだ水分は、家の構造や部屋の壁の内側、基礎にも影響を及ぼし、カビやコケの原因になったり、湿気を増して建材の劣化を招くことになります。

外壁が劣化すると、家の寿命が縮まってしまうのです

補修する目安について

52

 

外壁の補修や塗装は、10年を目安に塗り替えることが必要と言われています。

塗料の種類や質によって耐用年数が異なるため、どの塗料でも10年という訳ではありませんが、一般的には、10年に一度点検や補修、外壁塗装をすることで家の寿命を延ばすことができると言われています。

新築後10年を経過したら一度塗り替えを行い、その後は塗料の種類に応じた年数ごとに、定期的な塗り替えをすることがおすすめです。

壁の継ぎ目やサッシ回りのコーキングも10年ほどで劣化すると言われているので、足場を組むことを一度で済ませるために、塗り替えと補修を一度に行うと良いでしょう。

費用について

外壁にひび割れがある場合、まずは点検と見積もりを行い、施工内容と費用の総額を確認します。実際の施工時には、足場を組んで、高圧洗浄や補修、塗装を一度はがすなどの下準備をしてから、塗装を行います。

費用は、家の大きさによって、足場を組む費用や塗料の量などが変わるため家によって異なり、また、選ぶ塗料や施工内容によっても変わってくるため、見積もりを取って確認することが大切です。

口コミやランキングを参考にして、評判の良い業者を3から5社ほど選んで見積もりを取ると、費用相場や必要な施工内容が分かってくるので、検討しやすくなります。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。