外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁のリフォームはDIYでも可能?【DIY方法やメリット・デメリットとは】

外壁は常に風雨に曝されたり紫外線に曝されているので、屋根と同様に劣化が進んだり傷んだりしてくるのが早いです。
そこで外壁のリフォームをDIYで出来るかを考えてみましょう。

DIYでどこまで出来るのか?

一口に外壁のリフォームと言いますが様々な材質と共に方法があり、どの様なリフォームならDIYで出来るかを考えると、最も適しているのは塗装工事でしょう。
サイディングの張り替えやモルタル塗りなどは、技術を要するので簡単には出来ないと思います。

外壁塗装にしても2階建て住宅をDIYで行うには仮設足場組などが必要になり、危険を伴うのでお勧めする事は出来ません。
DIYで外壁リフォーム工事として塗装工事を一般の人が施工しても安全なのは、平屋建ての住宅程度でとどめておくべきでしょう。平屋建てくらいの階高ですと、仮設足場は脚立と道板で十分に賄えるでしょう。

また外壁の高圧水洗浄にしても、最近は一般家庭でも高圧の水洗浄機を持っている家庭が多いので自前で外壁の掃除も出来るでしょう。
塗装材料や道具類そして養生用のテープやビニールシートもホームセンターなどで販売しているので、これらを購入してくると塗装工事に必要なものは全て準備出来る事になります。

自分で施工する事で、材料代や施工費などの費用が格段に安くで出来るメリットは大きいでしょう。

メリットだけでなくデメリットも考慮に入れて

23504d08df37e4_s
しかし逆にデメリットもあるのは当然の事です。階高が低いとはいえ高所作業になるので危険が伴う事を忘れてはいけません。
たとえ1mの高さから落下しても、運の悪い場合は大けがをしたり場合によっては亡くなる事もあるので安全に施工できるようにしましょう。

塗装工事についても下地処理や、シーラ処理の重要性が分からずに、施工しないままに塗装をして数年で剥離するなどの問題が起きる場合もあります。
塗装工事そのものにしても塗り暑さや塗り回数を無視して、自分勝手に施工して塗料の効果を発揮できないので耐久年数が短くなってしまう事もあります。
養生なども必要な所を忘れて施工して、完成したらあちこちに塗料が付着して、その処理が大変の事もあるようです。

最大のデメリットは仕上がり

しかしこの様な事は施工前にもう一度頭の中でシュミレーションを行い、不備や抜けはないかを確認する事です。
塗装工事そのものは材料に添付された仕様書があるので、この仕様書をしっかり確認してその通りに施工すると大きな失敗はしないでしょう。

最大のデメリットはその仕上がりになるでしょう。DIYで行った塗装とプロが施工した塗装では、仕上がりに差が付くのは当然の事でしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。