外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁塗装に最適な時期とは?【耐用年数やリフォームの目安について】

外壁塗装は、足場の設置、養生、高圧洗浄や傷んだ外壁のメンテナンス、金属部分のサビ落とし、窓ガラスのマスキング、塗装、足場や養生の撤去といった工程が必要となるリフォームです。

期間としては2週間前後と言われていますが、外壁塗装に最適な時期と言うのは雨が少なく、乾燥している時期が良いと言われています。

外壁塗装の足場設置について

塗装を行う場所と言うのは住宅の外壁であり、手の届く場所も在れば、梯子などが無ければ作業が出来ない手の届かない場所も在ります。

塗装を行うためには下地調整が必要であり、住宅のメンテナンスをきちんと行ってから塗装をしないと、塗膜が外壁にしっかりと定着しないため、品質が悪い塗装になってしまいます。

そのため、安全な状態で作業を行えるようにする目的で足場を設置する事になり、足場が在る事で作業性を向上させ、更に安全な状態で作業を行えるようになります。

マスキングは塗料の飛び散りの防止の役割が在ります

73

足場を設置してから、外壁のメンテナンスや高圧洗浄を行う事で塗装面の下地調整が完了になりますが、この状態で外壁塗装を行うのではなく、窓ガラスや換気扇などの塗料が付いてしまっては困る部分にビニールシートを張り、マスキング処理を行う事になります。

マスキング処理は窓ガラス全体を覆うようにして張り付けていくため、窓の開け閉めなどが出来なくなります。そのため、空気を入れ替えたい、外の空気を室内に取り入れたいと言った時期は、窓の開閉が出来なくなると言う事になります。

高圧洗浄は多少の雨でも可能ですが

高圧洗浄と言うのは下地調整に含まれる工程で、外壁に付着した汚れを水圧により落としていく作業で、多少の雨などの場合は作業が行えると言った特徴が在ります。

しかし、塗装の段階と言うのは、塗料を使って外壁を塗る作業になるため、雨が降っている時などは作業を行う事が出来ません。

雨が多い梅雨時期と言うのは、天候により作業が可能になるかどうかが決まってくるため、長雨が続いてしまうと外壁塗装工事は中断をすることになり、雨季意外と比べると施工期間が長くなるのが特徴です。

また、夏場などの場合は台風などにより作業が出来なくなることもありますし、台風が近づいてくる時などは養生を一旦収納するなどして作業をストップさせる必要が在ります。

そのため、外壁塗装に最適な時期と言うのは天候が比較的安定している季節が良いと言われています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。