外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁塗装の耐用年数とは?【外壁の種類別にご紹介します】

外壁塗装の業者の広告を見ると、約30年は耐える、といった記載を見ることがあります。
外壁塗装は一度行うと塗装の種類や工事の内容にもよりますが、長期間持つものが多いため、最高級の塗料と高い技術であれば30年もたせることができるのかなと思ってしまいがちですが、実はその耐用年数を偽る業者も少なくないので注意が必要です。

外壁塗装の耐用年数とは

外壁塗装がどのぐらいの期間もつのかを決める基準は、外壁の塗装がどれだけの期間で劣化してくるかによるものです。外壁は一般的にモルタルの上に塗料を塗り重ねて構成されているものであり、塗料によって直射日光や雨風の影響を防いでいるものです。

実際、コンクリートやモルタルは塗装をしない状態では内部に水が浸食し、直射日光にさらされると乾燥してしまうためこれを繰り返すと非常に脆くなりやがては崩れてしまう性質を持っています。

その為、塗料が劣化してしまうとモルタルに影響を与えてしまうことから、塗料の寿命が耐用年数ということになるのです。

外壁塗装の耐用年数を決めるのは塗料の種類

8

外壁塗装がどのぐらいの期間もつのかを決めるのは塗料の性質です。
現在ではおもに4種類の塗料が使用されており、その種類によって5年から20年とその年数が決まっています。

これは実際の平均値ではなく、法律で定められた塗料の性能に対する基準値になるため、業者が耐用年数と謳い保証まで行うのは、この塗料による年数に起因しているのです。

具体的には、アクリル樹脂塗料が5年から7年、ウレタン樹脂塗料が10年、シリコン樹脂塗料が12年から15年、フッ素樹脂塗料が15年から20年と定められています。

塗料の寿命を超えた年数を提示する業者には注意が必要

塗料の寿命は最もよいと言われるフッ素樹脂塗料を使用したとしても20年であり、これを超えて長持ちするものは現在使用されていません。その為、20年を超えて外壁塗装が持つと謳っているような業者に付いては注意が必要なことになります。

多くの場合には長持ちするからと高額な費用を支払わされて、実際には良くて20年程度、最悪の場合には5年程度で外壁が劣化してしまう危険があります。
また、その場合には業者の多くが、この家の様な特殊な環境では耐えられなかったというような嘘をつくことも少なくありません。

外壁塗装の業者を選ぶ場合には耐用年数に関し保証をしてくれる業者を選ぶことが大切です。

適正な塗料で適正な塗装を行っていれば、その保証は大きな問題とはならないため、保証を渋る様な業者は避けた方が良いものです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。