外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

フッ素塗装とは?【機能、メリット・デメリット、費用について】

外壁塗装には様々な種類が存在しています。具体的にはアクリル系塗装、シリコン系塗装、フッ素系塗装、ウレタン系塗装、遮熱塗装、光触媒塗装など、多種多様に展開されています。

それぞれ性質が異なり特徴がある為、外壁塗装を検討する場合はその特徴をしっかりと把握し施工する事がポイントとなります。

外装塗装の基準について

比較検討する際のポイントはどこを基準にして選ぶか、です。
例えば、安価に施工したいのか、耐久性を重視するのか、断熱・遮熱効果を期待し光熱費を抑えたいのか、外壁の汚れが気になり、長く綺麗な状態を維持したいのか、とこのように基準を持つことが重要です。

例えば耐久性を重視したいのであればフッ素塗装がお勧めです。
航空機の外壁塗装にも実際使用されているほどでフッ素塗装はその性質上、どの塗装剤よりも外壁との密着性に優れ雨や紫外線による劣化が少ないことから耐候性と耐久性に優れ、長期間保護します。この為、1回の施工から再施工までの期間が長いので施工回数が少ないのが特徴の一つです。

フッ素塗装の機能について

%e5%88%b7%e6%af%9b%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

また、他にも様々な機能があります。その一つが防汚性にも優れている点です。

他の外壁塗装剤と比べて、親水性の塗装となります。従来の塗装材はそのほとんどが親油性です。親油性は水をはじきやすいという性質があります。

その為、汚れが外壁に付着しても水がはじいてしまう為、落ちづらいです。
しかし、親水性であれば水に濡れやすいの水が汚れとともに流されるので、防汚性にも優れています。

次にフッ素塗装は弾性の性質を持つ塗装が多く、ゴムのような弾性を持つことで紫外線などによる膨張、収縮による外壁の塗装がクラックしがちなモルタル系でも、しっかりと保護する機能を有しています。

このようにフッ素塗装はその様々な機能を併せ持ち、さらに一番の特徴である耐候性、耐久性が高い塗装の為、長く外壁を保護する目的であればお勧めの塗装です。

フッ素塗装のデメリットについて

しかしながらフッ素塗装は他の塗装と比べても認知度が低く、また特殊な溶剤な為、費用が高くなりがちな点がデメリットとしてあげられます。

ですが、長い年月で考えた際に他の塗装よりも耐久年数が長い為、トータル施工回数を抑える事が出来る為、初期投資は高くなりがちですがトータルコストで見た際は安くなる場合も多いです。

また、防汚性に優れている為、長期間綺麗な家を保つことが出来るので、美観という点においてもお勧めの塗装です。総じて、外壁塗装のその目的は外壁を保護し、長期間安心して住めるようにメンテナンスすることであり、そういった観点からもフッ素塗装の耐久性はお勧めです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。