外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

UV塗装とは?【機能、メリット・デメリット、費用について】

外壁や屋根に利用する塗料には、一般塗料としてアクリル塗装、ウレタン塗装、シリコン塗装、フッ素塗装、最近登場したラジカル塗装などのが在り、機能性塗料にはUV塗装、光触媒塗装、断熱や遮熱塗装と言った種類が在ります。

機能性塗料は耐用年数と言うよりも、機能性を重視したい人が利用する塗料で、遮熱塗装は太陽の光を反射する効果が在る塗料で、屋根の表面温度を上昇するのを防止することが出来ます。

これに対し、断熱塗装は低熱伝導率を持つため、室内への熱流を抑制させる働きが在り、夏場は冷房の温度を下げずに快適な生活が出来るなどの特徴が在ります。

UV塗装とは何か

UV塗装は機能性塗料の一つであり、紫外線を照射することで硬化すると言った特徴が在ります。

外壁や屋根などに塗装を行う事も在りますが、フローリング床に施工を行う事で表面が硬くなるため、傷がつき難くなるなどの特徴が在り、フロアコーティング剤として利用されるケースが多く在ります。

但し、一度施工をすると剥がすことが困難であることからも、汚れを気にして塗り替えをしたいと言った場合には不向きな塗料になります。

UV塗装の用途について

%e7%b4%ab%e5%a4%96%e7%b7%9a

紫外線を照射する事で硬化するのが特徴で、従来は工場の中など設備が整っている場所でしか塗装を行う事が出来ませんでしたが、小型の紫外線照射装置が開発されたことにより、様々な用途で活用されている塗料の一つになります。

木部やFRP材、スチールなどの塗装に利用されるケースが多く在るのが特徴ですが、外壁や屋根などについても塗装を可能にしている塗装専門業者も在りますが、塗装におけるコストが割高になる事、塗装作業を行う時にはUVカット用の保護メガネ、シールドなどが必要になる事、春から夏にかけての紫外線量が多い時期などの場合は、塗料が太陽の紫外線に反応してしまため、暗幕養生が必要になるなどの特徴も在ります。

UV塗装の最大のメリットとは

UV塗装は一度施工をすれば紫外線照射により硬化するため、自然の猛威から住宅を守ることが出来るようになりますが、その反面、塗り直しが困難になるため重ね塗りをする必要が出て来ます。

剥離をすることで下地調整が出来るわけですが、重ね塗りをすることで塗装面の品質が損なわれてしまうなど、設備や技術を要する塗料の種類であり、塗装会社であればどこでもUV塗装が出来るわけではなく、限られた塗装業者のみがUV塗装を可能にしているのが特徴です。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。