外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

ペンキの塗り替えについて【塗り替え手順やポイントをご紹介】

住宅の外壁および屋根は太陽の紫外線や熱、雨や風により日々劣化が進む場所であり、定期的なペンキでの塗り替えが必要になります。
ペンキというのは塗料であり、一般的にはアクリル塗装、ウレタン塗装、シリコン塗装、フッ素樹脂塗装などの種類が在り、アクリル塗装が最も耐用年数が短く、フッ素樹脂塗装が最も耐用年数が長いと言った特徴が在ります。

どのような塗料で塗り替えを行うのかは、予算などに応じて決まる事になりますが、ペンキで塗り替える事で耐久性を維持出来ると言いますが、これはペンキを塗れば良いという事ではなく、下地調整をきちんと行う事、塗料の性質に応じて塗装を行う場所を決める事などが重要なポイントになるのが特徴です。

ペンキの塗り替えの手順の第一歩

外壁や屋根塗装は専門業者に依頼をすることで可能になりますが、専門業者と言っても千差万別であり、良質の業者を選ぶ事が耐久性を得られる外壁塗装や屋根塗装になります。

単に、ペンキで塗り替えれば良いと言うわけではない理由は、塗装を行う事で塗料の膜が作り出され、この塗料の膜が自然の猛威から外壁や屋根を守ることが出来、塗膜がしっかりと屋根や外壁に形成されなければ耐久性を得ることは出来ません。
また、塗膜を形成させるためには、下地調整と呼ばれているペンキを塗る前の下処理が大切であり、この作業を丁寧に行ってくれる業者を探すことが第一歩となります。

見積もりを依頼する場合でも数社に対してお願いをし、要望などを聞き入れてくれる担当者がいる業者を選ぶ、スピーディーな対応をしてくれる業者を選ぶ、見積もりを比較してコストが安い業者を選ぶなどのポイントが在ります。

足場代は必ず必要になるコスト

8be6665d1_s
高所作業になる事からも、作業を安全な状態で行う目的で足場を組む事になりますが、足場は外壁塗装と屋根塗装のどちらも必要になるため、外壁と屋根を同時に行えば足場費用を一回分節約する事が出来ます。

また、足場を組み上げた後は、周囲の住宅への水しぶきや塗料の散布等を防止する目的で養生を行うと言うのが塗装における準備になります。

塗装前の準備について

足場や養生を張り終えた後は、外壁の汚れ、屋根の汚れを落とすための高圧洗浄、劣化している場所のメンテナンスが金属部の錆を落とす作業などを行い、窓ガラス等にビニールシートでマスキング処理を施しておきます。

この作業で下地調整が完了となり、下塗り、中塗りをそれぞれ1度ずつ行い、上塗りを1~2回で完了となるのがペンキの塗り替えの作業工程となります。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。