外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁のコーキングはDIYで大丈夫?【DIYのメリット・デメリット】

住宅の外壁を全て補修するのはなかなか自分では難しいものですが、目地の部分などについては比較的劣化が早い部分があり、自分でコーキングを行いたくなってしまう人も少なくありません。

最近ではホームセンターなどで様々なコーキング材が販売されているため、DIYで行ってしまう人も少なくありませんが、実際には業者に依頼する方が安心で確実と言われます。
では、DIYで行うコーキングにはどの様なメリット・デメリットがあるのでしょうか。

DIYのコーキングの問題点

DIYで行う場合に最も問題になるのが、知識をどの程度持っているかです。
業者の多くは毎日沢山の家を修復しており、さまざまな経験をしているのでどのような材料を使用したらどのような効果があるのかを良く知っています。

ホームセンターで販売されている材料が悪いというわけではないのですが、中には住宅の外壁には適さない材料もあり、これらを区別して効果的に利用するには相当の経験と知識が必要になります。その為、経験の少ないDIYの場合には、材料の選択を誤るリスクが高いのです。

さらに、作業の方法にも経験がものを言います。その為、経験の少ないDIYの場合には正確な知識を得ることが重要ですが、なかなかその知識を得るのは非常に難しいと言えます。

DIYのメリットとは

47

DIYで行うメリットは何と言っても費用が少なくて済むことです。
業者に依頼すると結構な金額が掛かってしまいますが、DIYの場合には材料費だけで済むことになるので、きちんとした知識をもって行えば非常に安価に仕上げることができます。

また、自分のペースで作業ができるのも大きなメリットです。
実際に作業をしながら状態を確認できるので、住宅の状況を知ることができます。

DIYでコーキングを行う際には正確な知識が重要

DIYで外壁のコーキングを行う際には、正確な知識を持つことが何よりも大切です。
最近はインターネットで様々な情報が発信されていますが、その中には間違った情報も多いので注意が必要です。

とはいえ、正確な知識を持って材料を選んで作業を行えば、業者に勝るとも劣らない作業が出来る場合もあります。

まずは正確な知識を得るために範囲の少ない、目立たないところで行い、その効果を確認しておくことが重要です。

なお、外壁でも雨漏りなどが激しいところや、重要なところはいきなり自分で行おうとすると失敗する可能性が高いため、専門の業者に依頼する方が確実です。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。