外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁塗装が原因の健康被害を回避する方法

一戸建て住宅に住んでいれば、いずれ外壁塗装しなければなりません。

そのタイミングは、新築の時から10年ないしは15年、一度塗り替えた時からも15年ほどと考えておけばよいでしょう。

外壁塗装はお金がかかる

外壁塗装する場合に問題となるのは一つお金です。
外壁塗装は思った以上にお金がかかると思われています。確かにその通りです。

住宅の維持にはお金がかかるといますが、外壁塗装する場合には100万円が簡単にとんでしまうほどです。
なぜそれほどまでにお金がかかるの疑問に思うかもしれませんが、その分「手間がかかっている」からです。

外壁塗装の役割

7258df0d0d62fcccb95cdbeef8359387_s

ペンキを塗る場合と異なり、外壁の塗装には住宅の外壁を守る役割があります。

人間で言うならば洋服を着ているようなものです。
洋服を着ることによって冬場であれば寒さから体を守ってくれますし、夏場であれば紫外線から体を守ってくれます。転んだときにもけがから守ってくれるのが洋服なのです。

このように考えると、外壁塗装が必要な理由がよく分かるのではないでしょうか。
住宅は人間と違い動くことがありませんので、けがをすることもありませんが、少なくとも太陽の紫外線や雨、風、雪などの影響で外壁がぼろぼろになってしまうのです。
それをいかに防ぐかが外壁塗装の役割と言えます。

外壁塗装のもたらす健康被害

ただ、外壁塗装は健康被害をもたらすといわれています。

外壁を塗装するときに使う塗料は、水性塗料と油性塗料があります。
水性塗料は臭いなどは特にはしませんが、油性塗料に比べると若干弱いのがネックです。
これに対して油性塗料は、水性塗料よりは強いのですが、その分健康被害を及ぼすといわれています。

なぜ油性塗料が健康被害を及ぼすかといえば、油性塗料の中にはシンナーが含まれているからです。シンナーが含まれていると、部屋の中にいるだけでもそのにおいが充満してしまう可能性があります。
窓を開けなければ問題ありませんが、うっかり窓を開けて喚起をしてしまうと、思わず部屋の中がシンナー臭くなってしまい立ちくらみがしたり、吐き気をもよおしたりすることもあります。

大人であればそれほど問題ありませんが、生まれたばかりの赤ちゃんや妊娠している妊婦さんなどをいる場合は、できるだけシンナーから遠いところにいた方がよいでしょう。

もし、どうしても油性塗料を使わなければいけない理由がないのであれば、水性塗料を使った方が良いです。
また、一時的に外に家を借りて住む方法もあります。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。