外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

平米単価から外壁塗装費用を計算するには

外壁塗装を行う場合の費用がどのくらいの金額になるのかは、家の大きさなどにもよるため、家の外壁面積を求めて、1平米あたりの面積にかかるコストを割り出せば計算する事は出来ますよね。
しかし、家の外壁面積と言うのはメジャーを使って計測をしなければならないなど手間がかかる仕事です。

更に、外壁塗装業者は壁の面積1平方メートル当たりの単価をホームページなどで掲載していないので、仮に外壁の総面積を求めたとしても、外壁塗装にかかる費用コストがどのくらいになるのかを知る事は難しいのです。

外壁塗装業者はどのように見積もりを作成するのか

塗装を行う専門業者は、平米単価で計算をするのが一般的です。
平米単価と言うのは塗装面積1平米当たりの単価であり、外壁の面積が多くなるほど塗装の費用は高くなります。

ここで注意をしなければならない事は、平米単価にはどのようなものが含まれているのかという事なのです。

外壁塗装というのは、単にペンキを使って外壁を塗るだけではなく、足場を組んで作業を安全に行えるようにする、高所作業も効率良く行えるようにします。
外壁は長年の汚れがついているので、こうした汚れを落とすための高圧洗浄作業も必要になるなど、ペンキを使って塗るだけではなく、色々な工程が平米単価には含まれているのです。

平米単価は塗装業者により様々です

一平米当たりの単価に含まれるのは足場、養生、高圧洗浄、外壁のメンテナンス、窓ガラスなどのマスキング、塗装を行う職人さんの工数、そして塗料代などになります。
外壁のメンテナンスは劣化の度合いにより変わりますし、塗装を行ってくれる職人さんの工数は業者により違いがあるのです。

更に、外壁塗装に利用する塗料にはウレタン系やシリコン系、フッ素樹脂など色々な塗料があり、グレードの違いにより塗料の費用コストも変わるのが特徴です。

コストは外周の長さで決まります

住宅と言うのは色々な形をしていますが、真上から見た時に正方形や長方形の住宅もあれば、L字型をしている住宅、凹凸をした形状の住宅もあります。

外壁塗装の費用コストは、住宅の形状に関係なく外周の長さで費用が異なるため、正方形の形状を持つ住宅の外周の長さが50メートル、凹型の外周の長さも50メートルの場合、どちらも平米単価は同じであり、しかも外周の長さは同じになるので外壁塗装にかかるコストは同じになるのです。

但し、外壁の形状は複雑になる事で足場の設計も必要になるため、塗装単価としては正方形などの方が安くなります。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。