外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

サイディング外壁のメンテナンスについて【補修方法や費用とは?】

サイディングというのは最近流行の外装材です。昔はモルタルや土壁など塗り壁が多かったですが、数年でひび割れやシミが出やすく大変でした。
一方サイディングは壁に貼って使います。

サイディングの特徴について

サイディングは重量も軽く扱いやすく、地震などにも強いです。通気層という空気が流れる部分が裏側にあり、断熱効果ももたらしてくれます。
施工費用も安く、いろいろなデザインがあるので好みの外壁にすることができ、おすすめなのです。

ただ、土壁などに比べるとひび割れなど少ないとはいえ、サイディングも劣化してくると補修が必要となります。
補修入らずで半永久的にもつ建材とは言われるものの、住宅の壁のサイズに合わせてカットした切断面から吸水してしまったり、表面が劣化して反りが生じたりなど補修が必要となる場面も少なくはないのです。

サイディングの補修方法

154956bc49b8_s
補修方法としてもっとも高いのは張替えです。既存のものを外して新しく貼りなおすのです。
今あるものの上から新しく貼るようにすると多少は安くなりますが、反りが原因の場合にはこの方法は使えません。

サイディングではなく塗装をするという方法もあります。
ただ既存のものをはがさず上から塗装というケースが多いですが、塗料によっては既存のサイディングボードの高断熱性の特性から塗膜が膨れる・はがれるなどのトラブルが起こることも多いので、それなりの知識を持った業者にお願いする必要はあります。
安い塗料だとそれだけ耐用年数も低く、フッ素塗料や光触媒塗料だとボード張り替えと同じくらい高額になるという欠点もあります。

もっとも安く行なえる補修方法というと、ボードのつなぎ目部分であるシーリングのみをリフォームする方法です。
これも既存のものを撤去して行なう方法と、既存のシーリングはそのままに上から補修する方法とがあります。

長期的な費用を見据えて計画を

劣化の状態や使われているサイディングの種類によって、どの方法が合うかは異なります。
できれば複数の業者に見てもらって見積もりを取ってもらったほうが安心です。

とにかく安くあげたいものですが、あまりに安い方法だとすぐにトラブルが起こってしまってあっという間にまた直さなければならなくなるかもしれません。
その場のお値段というよりも、将来を考えて長い目でトータルで考えたときにどちらが安いかということで決めるようにしましょう。

サイディングは半永久的に大丈夫な建材とは言われていますが、万が一の場合に備えて修理するための費用は積み立てしておいた方が安心です。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。