外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁塗装の臭いについて

業者に自宅の外壁塗装を依頼しようと思ったとき、気になるのが塗料の臭いです。
塗料独特の鼻を突くような臭いは、敏感な人だと気分が悪くなったり頭痛がしたりして寝込むこともあります。
特に、小さなお子様やペットがいる場合には、その影響がかなり心配されます。

ここでは、その原因と人体への影響、そして対策を紹介します。

原因について

まず原因ですが、これは塗料を薄めるために使用するシンナー(有機溶剤)が主な原因であると考えられます。

シンナーには様々な種類がありますが、外壁塗装に使用されるシンナーにはイソネプロピルアルコール、1-ブタノール、メタノール、キシレンなどが使用されることが多いです。
この有機溶剤シンナーが強い臭いを発するために、外壁塗装を行っている間は家の中まで漂うこととなります。

人体への影響について

113400
次に人体への影響ですが、目に対する影響としては、視力低下、かすむ、乾く、ゴロゴロする、かゆい、涙が出るといった症状が出てきます。

鼻に対する影響としては、鼻水、鼻づまり、鼻血、かゆみといった症状が出てきます。
耳に対する影響としては、耳なり、聞きづらい、中耳炎、かゆみといった症状が出てきます。

口や喉に対する影響としては、乾く、よだれ、味覚の麻痺、喉の痛み、飲み込みがしづらいといった症状が出てきます。
皮膚に対する影響としては、湿疹、アトピー、かゆみ、ニキビ、吹き出物、といった症状が出てきます。

ほかにも下痢や便秘、頻尿、膀胱炎、咳、くしゃみ、呼吸困難といった様々な症状も出てきます。

対策について

では、その対策として何が必要なのでしょうか。
まずは、外壁塗装をするにあたっては、臭いの少ない塗料を選ぶことが重要となります。

最近では揮発性有機化合物(VOC)が少ない塗料も出てきていますし、有機物の少ない水性塗料も多くなっていますので、外壁塗装を業者へ依頼するときには、こういった塗料を使用することができないか、相談することが重要となります。

また、窓を開けて換気をすることも重要な対策です。
サーキュレータや扇風機を使って、室内に漂っている臭いを外に追い出すような感じで換気すれば効果的です。

そのほか、マスクを使用する、デオドラントスプレーを使用するといった方法も効果的です。
マスクについては、特に過敏な人や頭痛などを引き起こす人にはその使用をお勧めします。

デオドラントスプレーは防臭効果の高く、天然の森林の香りがあるフィトンチッドを使用した室内用防臭剤で、異臭をとる効果があるだけではなく、気分がすっきりする森林欲効果も期待できます。
こちらは特に、小さなお子様やペットがいる場合にその使用をお勧めします。

このように外壁塗装は塗料の独特の臭いがあり、それは様々な健康被害をもたらします。
したがって、これから外壁塗装をする方は、上述の対策方法について業者とじっくりと相談することが重要ととなり、そのためにはその対策にきちんと相談に乗ってくれる信頼のある業者を選ぶ必要があることも必要となります。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。