外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁塗装のコーキングについて【劣化や補修について】

外壁塗装をこまめに行っている家と行っていない家を比べてみると、見た目の劣化はもちろんですが、壁自体や建物内部の劣化に具合も異なっている場合が多く、外壁を塗り替えることの、家を守る効果が高いことが分かります。

外壁塗装の劣化と補修

家は、年中過酷な自然環境にさらされているので、太陽の紫外線や熱、温度差などをはじめ、風雨やほこり、化学物質などの影響を受けやすく、日々劣化していきます。外壁にひび割れが入っていると、そこから雨水が内部に侵入していきます。

はじめは目に見えないほどの小さな劣化が小さなひびになり、そこに水分が付着することで、どんどん劣化が進みやがては目に見えるほどのひび割れに進行していきます。
ひび割れが見えるほどの大きさになっている場合は、壁の内部や内側の構造体にも影響している可能性があるため、すぐに補修することが必要です。

外壁塗装のコーキング

38

外壁にひび割れがあるときには、外壁塗装をすることが大切なのですが、その前に、ひび割れを補修する必要があります。ひび割れをしている部分のひびをコーキング剤で埋めることで、ひびに水分が入り込むことを防ぎ、これ以上劣化しないようにするのです。

また、ひび割れだけではなく、サイディングのつなぎ目やサッシ回りなどの補修も行うことがおすすめです。つなぎ目やサッシ回りのコーキング自体が傷んでいる場合には、既存の物を取り出してコーキングを打ち直すこともあります。

コーキング自体が肉やせやひび割れ、剥離している状態では、壁やサッシの内側に雨水が侵入し、建物内にかびやさびが発生したり、水分が入り込んでさらに劣化がすすむ可能性が高くなるため、コーキングの補修をしてから、外壁塗装をする必要があるのです。

外壁塗装とコーキングの重要性

外壁塗装とコーキングを同時に行うことで、外壁のメンテナンス費用が掛かってしまうと先延ばしにしてしまう人がいますが、ひび割れがある状態の外壁は、劣化が進行している最中なので、少しでも早く補修し、外壁塗装をして家自体にバリアをかけるように包み込み、紫外線や温度差、風雨などの過酷な環境から守ることが家の寿命を延ばすために大切です。

使用している塗料の種類によって耐用年数に違いがあるので、一概には言えませんが、10年ごとに塗り替えを行うとよいというのが一般的です。

新築の場合は、築10年前後を目安に一度塗り替えを行い、その後は、塗料の耐用年数に合わせて、定期的に点検と塗り替えを行うことがおすすめです。目に見える劣化がなくても、定期的に塗り替えを行うことで、家の寿命を着実に延ばすことができるのです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。