外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

シリコン塗装とは?【機能、メリット・デメリット、費用について】

外壁および屋根は住宅の中でも自然の猛威を直接受ける場所であり、日々劣化が進む事になるため、塗り替えを行う事が住宅を守るポイントになります。

塗り替えと言っても現在の外壁や屋根をそのままの状態でペンキを使って塗るのではなく、塗装面の下地調整が耐久性を持つ塗装リフォームに繋がります。

また、塗装に使う塗料の一つにシリコン塗装が在りますが、シリコン塗装は他の塗料と比べると耐用年数が長くなるため、長期間の耐久性維持に繋がると言うメリットが在ります。

塗装に使う塗料の種類と耐用年数について

外壁や屋根に利用する塗料には一般塗料と呼ばれている4種類の塗料が在り、シリコン塗装はその中の1つになります。
耐用年数と塗料の種類を比べると、アクリル塗装が5~7年、ウレタン塗装が10年前後、シリコン塗装が12~15年、そしてフッ素塗装が15~20年と言われており、塗料の種類に応じて耐用年数が異なるのが特徴です。

また、耐用年数は塗料のグレードでもあり、耐用年数が長くなる事でグレードが高くなり、同時にコストも高くなるのが特徴です。

シリコン塗装の機能について

%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%82%92%e5%a1%97%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

シリコン塗装と言うのは塗料に含まれている樹脂成分にシリコン樹脂を使用していると言った特徴が在ります。
フッ素塗装と比べると耐用年数が短くなりますが、アクリル塗装やウレタン塗装と比べると長くなるため、長期間の耐久性を持つのが特徴です。

尚、シリコン塗装の耐用年数が長い理由と言うのは、成分にセラミックが含有しているからで、セラミックの機能により高い耐久性を持つと言われています。

また、定番塗料とも言われているため、色々な塗料メーカーが塗料を製造販売しているため、値段も様々であり、同一の機能を持ちながらも、低価格の塗料も在るのが特徴です。

塗料の種類毎の坪単価について

耐用年数が長くなることで塗装にかかるコストも変わる事になりますが、塗料自体のコストと言うのは塗装会社毎にそれほど大きな開きがあるのではなく、住宅の劣化の度合いに応じてメンテナンスがどれだけかかるのか、そして塗装を行う職人さんへの報酬などの金額により塗装リフォームのコストは変わる事になります。

しかしながら、使う塗料によりどのくらいのコストの差が在るのかを知っておくことは大切です。因みに、ウレタン塗装では坪単価として15,000円、シリコン塗装では坪単価が16,000円、フッ素塗装では22,000円と言われています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。