外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁塗装を白にするメリットとデメリット

外壁塗装とは、外壁の塗り替えリフォームです。

塗装を行う目的は、耐久性が薄れた外壁に新築時の耐久性を持たせる事、汚れた外壁の塗り替えを行い、家全体の美観を整えるなどがありますが、外壁塗装は塗り替えを楽しめると言う魅力もあるリフォームの一つです。

悩んでしまう塗料の色選び

外壁塗装を行う時に、多くの人が悩むのが塗料の色選びではないでしょうか。

何色の塗料を使って家を塗り替えるのが良いのか、色々な家の外壁を眺めて見たり、ネットで家の写真を見てこんな感じが良いだろうかといった具合に、おおよその色を選び、塗装会社が持って来たカラーサンプルの中から希望の色を選ぶというやり方で外壁塗装の色選びを行うケースは多いと言えましょう。

人によってはアクセントをつけた色合いにする人もいますし、白色で外壁を塗装したいと言う人もいるなど様々です。

塗料を白色にするメリットには何があるのか

265955

外壁を白色で塗るメリットは、洋風のイメージを作り出せる、複数の色を使わないので塗料の種類も1つになり、塗装のコストが若干ではありますが安くなる、というメリットもあります。

白色はシンプルな色なので、カラーサンプルを見た時に色の濃さなどに迷いが生じ難いというメリットもあります。

業者さんが持って来るカラーサンプルというのは、外壁に使う塗料の色選びに使うアイテムなのですが、サンプルのサイズ自体が小さいので、サンプルで選んだ色と実際に施工した時に色の印象が異なるケースが多いのです。

そのため、太陽の下で選ぶ、外壁に押し当てて選ぶ事で、カラーサンプルで見た時と同じようなイメージに仕上がるのでお勧めです。

塗料を白色にするデメリットには何があるのか

白と言う色は、他の色に染まりやすいといった特徴があります。
例えば、絵の具を使った時に事を思い出して貰うと理解しやすいのですが、少量の赤色を混ぜるとピンク色、少量の黒色を混ぜると灰色といった具合に、他の色に染まりやすいのが特徴です。

外壁の場合は、汚れが目立ちやすくなるというデメリットがある事、雨だれなどが生じた場合、それが明確に見えてしまうなどのデメリットがあります。

機能性塗料を利用するとどうなるのか

汚れが目立ちやすい色ではありますが、熱の反射率が高いため、夏場の太陽熱吸収を抑える事が出来るなどのメリットがあります。

最近は機能性塗料と言う種類がありますが、機能性塗料の中には光触媒塗料があり、光が照射した時に汚れを浮き上がらせてくれる効果を持つ塗料です。

汚れが自然に浮き上がる、それを雨で洗い流してくれるといった機能を持つもので、一般的な塗料よりも長期間綺麗な状態を保てるというメリットを持ちます。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。