外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

ウレタン塗装とは?【機能、メリット・デメリット、費用について】

外壁塗装は10年毎、屋根塗装は8年毎と言われていますが、これは塗装を行うための1つの目安で、塗装を行った時の都庁の種類に応じて年数が異なりますし、日当たりが良い環境に在る事で自然の猛威による劣化速度は高くなるため、一概に10年毎に外壁塗装を行えば良い、8年毎に屋根塗装を行えば良いと言う事ではありません。

劣化が生じた時には早めに塗装リフォームを行う事が家を守るための秘訣に繋がるという事です。

尚、塗料にはアクリル塗装やウレタン塗装、シリコン塗装、フッ素塗装などが在り、最近はラジカル塗装と呼ばれている塗料を使った塗装リフォームも可能になっています。

ウレタン塗装の位置づけと機能について

アクリル塗装は塗装リフォームの中でも最もコストが安いのですが、その反面耐用年数が短いのが特徴です。

ウレタン塗装の場合は、塗料成分にウレタン樹脂が含まれているため、アクリル塗装と比べると機能性が高くなっており、ウレタン塗装による耐用年数は7年から10年と言われています。

耐用年数に差が在る理由は建物が在る環境に応じて変わるからであり、日当たりが良い環境に在る場合には劣化速度が速くなるため7年、北側の外壁などの場合は紫外線量が少ないので10年と言った目安で考える事が大切です。

アクリル塗装よりも機能が高い分、コストも高くなります

%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%af%e3%81%ae%e5%a3%81

塗装を行う時には予算と言うものが在るわけですが、外壁塗装や屋根塗装と言うのは職人さんの報酬が大きなウェイトを占めるとも言われており、塗装業者毎にコストが異なるため見積もりを依頼して各社の金額を比較することが大切です。

アクリル塗装は耐用年数としては最も短くなりますが、ウレタン塗装は坪当たり15,000円前後が相場と言われています。

住宅の規模が大きくなることで塗装面積も広くなり、その分コストもかかる事になりますが、予算に応じて何れかの塗料を選ぶことが出来ます。

ウレタン塗装の機能について

ウレタン塗装のグレードはアクリル塗装の上になりますが、この塗料には柔らかいと言った特性が在るのが特徴で、様々な場所に塗装を行えると言うメリットが在ります。
また、細部塗装に向いているため、塗料と言うとウレタン塗装を中心に選択する塗装業者も多いと言われています。

7~10年の塗装サイクルは短いと感じる人も多いかと思われますが、汚れなどが気になる場合などでは、このようなサイクルで塗装リフォームを行った方が常に綺麗な状態を保てるという魅力も在ります。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。