外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

外壁のリフォームをレンガでやりたい!【費用やメリット・デメリットとは】

住宅のリフォームを考えた場合では、外壁に注目される方も多く存在しています。外壁は住宅の中でも面積が広い場所になることから、住宅のイメージを左右させる大切な場所です。
現状としてはサイディングなどを用いている住宅が増えている傾向にありますが、中には外液のリフォームをレンガで施工することを希望される方もいます。

その際には数々のメリットやデメリット、掛かる費用などを予め把握した上で施工を行うことが望ましいことです。

外壁が住宅に与える影響について

外壁の場合では住宅全体を支えている大切な場所になり、外観上としても影響を受ける場所になるので、非常に大切な資材として使われていることになります。
現在では各種サイディングの住宅が増えていて、このタイプの場合では比較的簡単に施工できるメリットがあり、長期間にわたって使い続けることのできる資材としても活用されています。

一方でレンガを使ったリフォーム方法もあり、このタイプでは更に長期的に家を守ることができることや、断熱作用などが付随しているので、資金を持っている方であれば最適なリフォーム方法としても利用することができ、住宅の見栄えに関しても良好に保つことができます。

レンガを用いるメリットやデメリット

faa751e1b31e6_s
レンガを用いて外壁を変えることを目的にしている方のケースでは、一定のメリットを感じることができます。
壮大で存在感のある重厚な外壁に仕上げることができ、尚且つ自然素材の風合いを堪能することができるので、家の雰囲気を大きく変える施工を行うことができます。

国内では比較的少ない外壁材になることから、他人から注目される住宅に仕上げることにも向いている内容です。
断熱性能を発揮させることもできるので、夏の期間でも冬の期間でも比較的安定している室内空間を保つことができます。

デメリットに関しては、施工後に関してはリフォームしにくい環境になってしまい、塗り替えなどを行ってしまった場合では、風合いが無くなってしまうので、注意が必要です。
目地の部分の汚れが目立ってしまうこともデメリットとして挙げることができます。

レンガの施工とかかる費用について

レンガを用いて外壁をリフォームする場合では、国内では対応している専門業者が比較的少ないことになり、しっかりと実績を持っている業者に任せる必要があります。
基本は手作業で積み上げていく方法なので、施工時間が大きくかかってしまうこともあります。

費用に関しては坪単価で70万円程度から依頼できることも一般的になり、サイディング等の塗り替え費用と比較した場合では、かなりの金額になってしまいます。
その反面、施工後には個性的な住宅に仕上げることもできるので、興味を持っている方であれば、実践してみることもおすすめです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。