外壁塗装にまつわる有益な情報をお届けします。

サイディングにはどんな種類があるの?【種類別メリット・デメリット】

サイディングには、様々な種類がありますが、それは大きく分けると4種類となります。
まず1つ目が、窯業系のサイディングです。窯業系の外壁材は、セメントやファイバーと呼ばれる繊維質の素材に混和剤と水を足して作られたものとなります。

一般的な住宅で使われるサイディングは、この窯業系のものが最もポピュラーであり、たくさんの住宅で使用されています。

窯業系サイディングとは

では、窯業とは何でしょう。あまり、聞きなれない言葉かと思いますが、窯業とは簡単に言ってしまえば窯に入れて高温で焼く事です。

厳密に言えば、粘土や石灰岩や金属などを窯に入れて高熱を加えることで化学変化を起こさせ、素材の強度を上げる工業を指します。窯を使用していることから窯業と呼ばれています。
つまり、窯業系の外壁材は、セメントにファイバーや添加剤を加えて窯で焼き上げたものということになります。

窯業系のサイディングのメリットは、他の材質のものに比べ安価である事と種類がたくさんあること、また、材質がセメントとファイバーで出来ているため非常に軽量で耐火性に優れているということです。
デメリットとしては、たくさんの住宅で使用されている為、個性がない事と大量生産品である事から、模様などが均一過ぎてしまってフェイク感が否めない事です。

金属系サイディングとは

27c422efd709_s
次のサイディングの素材として、金属系の外壁材を紹介します。金属系の外壁材は、成形済みの金属板と金属板の間に断熱材を挟み加工したものになります。
一般的には、ガルバリウム鋼板と呼ばれ、近年の住宅用外壁材として窯業系の次に人気がある素材です。

メリットとしては、軽量である事です。厚くはない金属の板とスポンジのような素材で出来ているため、窯業系の外壁材よりも軽量です。この為、施工を行っても構造体への負荷が少なく済みます。
デメリットとしては、価格が高い事と施工が難しい事です。

木製サイディングとは

次が木製のサイディングです。木そのものを外壁材として使用する為、非常に意匠性が高くなります。
また、施工も木材なので、加工も簡単に行えますので、施工性が高いと言えます。

デメリットとしては、腐食を防ぐ為に数年に一度、塗装を行わなければならない点です。また、防火地域では使用できない可能性もあります。

樹脂系サイディングとは

最後が樹脂系のサイディングです。樹脂系のメリットは、何と言ってもそのコストパフォーマンスです。さらに、メンテナンスも30年近く不要である素晴らしい素材です。
デメリットとしては、デザイン性がないという点でしょう。

サイディングは、住宅の顔です。自分の好みと現状に合わせて選定すると良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。